基本が生きる和モダンの家


 

家族を一つの空間に繋ぐ明るいリビングと階段の存在感

gallery01_image04

シンプルでモダンなたたずまいに和の要素でアレンジを加えた家はどこか懐かしさも感じられる明るさと心地良さに包まれています。基本構造に徹底してこだわることでその後のメンテナンスを最小限に。住むほどに良さが感じられる飽きのこない住まいが実現します。
シンプルな配色で統一された現代的な空間の中にも、どこか懐かしく落ち着いた安らぎを感じることができる室内。キッチンとリビングの間に配された階段は、ダイニングスペースとの程よい仕切りの役割をはたすとともに、階段下が大容量の収納にもなっており、家族と一緒に集まる「物」の一時避難場所として、すっきりリビングに一役買います。

 
 

確立された基本構造で建ててから手のかからない家

gallery01_image08

安定した高い断熱性と気密性が魅力の「外張り断熱工法」は、寒暖の差が厳しい秋田の気候に優れた性能を発揮。省エネルギーで経済性も両立した、すみずみまで快適な住まいを実現します。吉兆ホームの住まいに共通するのは、高い水準で確立された基本構造。ゆるぎない高性能を基本に据えることで、ライフスタイルに合わせたアレンジの自由度が広がるとともに、メンテナンス(お手入れ)が最小限で済み、住むほどに快適さを実感する家になります。
「家というのは、何もないところからのスタート。お住まいの完成まで綿密なプランニングを重ね、伺った内容は会社全体で考えます。お客様の住まいに対する想いをかたちにします。」スタッフが共有している基本理念にぶれが無い。誠実さと実直さを持った地域のビルダーだからこそ出来る対応が、お客様の高い満足度を生んでいます。