機能を詰めた箱型の家


 

希望の形に
機能を詰めた
箱型の家

gallery13_03

以前の住まいは天井の低さや狭さなど圧迫感に悩まされ、そうしたストレスから解き放たれる開放的な新居を求めていたAさん夫妻。生活環境を変えない理想の土地に出会ったのが新築のきっかけ。
 
モデルハウスや見学会に足を運んでは、求める開放感や機能のヒントを見つけて吉兆ホームの担当者に打ち合わせで伝え、それが理想の形となってプランに反映されていった。
完成した我が家はシンプルな箱型。夫妻の求めていたシャープなイメージと、雨でも洗濯物の心配のない広いバルコニーなど機能面の双方が叶えられた形だ。
 
夫婦ともに多忙な仕事を抱え、家で過ごす時間も限られているため、庭はあえてつくらず、建ぺい率を最大にして敷地を余さず使うことでガレージ2台分やバルコニーのスペースを確保した。
玄関ホールから奥行きのあるゆったりとした空間。リビングへの入口は天井までのハイドアが採用され、玄関ドアとともにスリットガラスの縦長の明るさが高さを印象づける。
 
ホールには外から帰ってまず手を洗えるよう手洗いを設置し、リビングルームに心配を持ち込まない工夫を。ドアのすぐ横にあることで子どもの習慣にもなりやすい。
LDKは隣接させて開け放つことの出来る和室やウッドデッキで横方向に広がりを、高い吹き抜けのスケルトン階段によって縦方向の抜けをつくり、開放感を感じられる間取りとした。

 
 

家でのストレスを最小にする
気配り設計と住宅性能

gallery13_06

子育てと仕事の両立のため、家事効率の工夫が住まいづくりの優先課題。
悩みを共有できる女性の担当者と水回り等の使い勝手を話し合い、浴室やユーティリティは2階に配置。さらにバルコニーを隣接させることで洗濯の動線は最短に。
屋根のある2階の物干しスペースだから不在時の急な雨でも洗濯物の心配が不要になった。
 
 「希望が伝わりやすくて、それがちゃんと形になるので打ち合わせの回数も少なくてとても助かりました。家族の気配は感じながらも、それぞれの時間を持てる場所があり、その点でのストレスもなくなりましたね。全室が同じ温度で、夜遅く帰っても家が暖かいこともうれしい」と奥さん。
 
吉兆ホームの基本構造による安心と、気密断熱性能に優れた省エネルギー設計の快適さが、家族の満足をさらに高めている。
 食事の支度から片付け、洗濯掃除に人付き合いなど、働く女性の時間は分刻みの忙しさ。子育てと同時に益々の社会参画を求められる時代だからこそ、やっと帰り着く家に求められる機能は増していく。家の中での煩わしさを最小限に、心に余裕をもたらす空間があれば、奥さんの笑顔を核として家族が明るく暮らす毎日が続いていく。