1.ネットゼロエネルギーハウスとは

エネルギー背景

家庭で消費されるエネルギー量は増加傾向
省エネの強化が求められています。

地球温暖化問題が叫ばれて久しい中、政府はより一層の温室効果ガス削減目標を公表しています。わが国では、企業・事業所他部門、運輸部門に比べて家庭部門のエネルギー消費量増加が著しく、省エネルギー対策の強化が求められています。


これからの住宅政策

新築住宅は、これから低炭素化、
ゼロ・エネルギー化が進みます。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に、低炭素住宅化を進めていきます。2020年には、300㎡以下の新築にも「2013年改正省エネ基準」を原則義務化へ、新築戸建の50%がZEHとなります。


Net Zero Energy House = ZEH

ZEHとは(定性的な定義)

ZEHとは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」とする。

ZEH 以下の①〜④に適合した住宅

①強化外皮基準
(1~8地域の平成25年省エネルギー基準〈ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項〉を満たした上で、UA値1、2地域:0.4[W/m2K]相当以下、 3地域:0.5[W/m2K]相当以下、 4~7地域:0.6[W/m2K]相当以下)

②再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費削減

③再生可能エネルギーを導入(容量不問)

④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

知っておきたいキーワード

一次エネルギー消費量とは?

「 一次エネルギー」とは、石油、石炭、天然ガス、水力、太陽光など自然界から得られるエネルギー源のこと。 これら変換・加工して得られる電気、ガソリン、都市ガスなどを「二次エネルギー」と呼びます。「二次エネルギー」は、それぞれ異なる計量単位(kWh、ℓ、MJなど)で使用されているので、それを「一次エネルギ消費量」に換算することによって、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めることができます。

認定低炭素住宅

高い断熱性能に加えて「高効率設備」 と「創エネ設備」で、2013年改正省エネ基準よりもさらにエネルギー消費量を抑えた住宅です。

低炭素住宅とは、震災後の2012年9月に公布され、2020年の改正省エネ基準に先駆けとして、認定低炭素住宅の認定制度ができました。認定低炭素住宅の場合は、改正省エネ基準よりも、一次エネルギー消費量をさらに10%削減しなければいけません。


認定低炭素住宅の認定制度
 改正省エネ義務化に向けて!

2020年には改正省エネ基準が義務化されますので、2020年以降は当たり前の仕様となるのですが、義務化前に改正省エネ基準で建築した建物は、税制等で優遇しましょうという制度です。

認定低炭素住宅の認定条件とは

外皮性能(必須条件) 省エネルギー基準と同等以上断熱性能・日射熱取得性能を確保すること
   
定量的評価項目 省エネルギー基準に比べ、一次エネルギー消費量が-10%以上であること
(省エネルギー基準と同等以上断熱性能を確保することを要件とする)

・断熱材性能と厚みの確保(外壁、床、天井)

・連続する防湿気密層

・断熱複層サッシ採用

・常時換気システム採用

・屋根の庇の出(日よけ対策)

・冷暖房は省エネルギー式採用

・給湯器は高効率給湯器採用(エコキュート)

・太陽光パネル採用 

+

選択的項目(1〜8の項目の2つ以上に該当すること)

1. 節水に役立つ設備の設置
  — 便器、水栓、食器洗浄乾燥機

2. 雨水等の利用設備の設置

3. HEMSの設置

4. 太陽光等の再生エネルギーを利用した発電設備、
 
及びそれと連携した定置型の蓄電池の設置

5. 一定のヒートアイランド対策
  — 敷地の緑地化・敷地の高反射性舗装

6. 住宅の劣化の低減の措置

7. 木造住宅

8. 高炉セメントなどを使用している


2013年改正省エネ基準

2020年までに、「2013年改正省エネ基準」レベルが一般住宅に義務化される予定です。


2013年改正省エネ法のポイント
省エネルギー基準は、これまで住宅の気密性・断熱性の向上を基本としてきましたが、家庭の設備を使って消費されるエネルギーが増加したため、従来の「外皮の熱性能」のみの基準から、2013年「一次エネルギー消費量」を指標とした建物全体の省エネルギー性能を評価する基準に改正されました。(2013年改正省エネ基準)


3012年改正後の省エネルギー基準

外皮性能

一次エネルギー消費量

知っておきたいキーワード

外皮性能とは?

外皮平均熱貫流率冷房期の平均日射熱取得率


外皮とは、暖冷房する空間と外気の境界に位置する部位のこと。床、外壁、天井又は屋根、開口部など。
外皮性能は、「外皮平均熱貫流率」と「冷房期の平均日射取得率」で評価され真ます。

いま、政府が進めているのは「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」の普及。

エネルギーの自給自足をめざし、非常時にもそなえる

余ったエネルギーは、蓄電して賢く使ってさらにお得

2.低炭素住宅のメリット 補助金がもらえます

光熱費・支援制度

「認定低炭素住宅」「ZEH」は光熱費が削減でき、
補助金や税制優遇制度が活用できます。


光熱費の目安〜モデル住宅ZEHならゼロ以下

3.「吉兆の家」は標準仕様が
認定低炭素住宅基準をクリアしています。

「吉兆の家」の標準仕様

・外張り断熱工法(断熱材はネオマフォーム使用)
・連続する防湿気密層施工
・断熱複層樹脂サッシ採用(Low-Eペアガラス)
・常時換気システムを採用
・間取りや軒の出による対応
・省エネルギー機器採用

  高効率給湯器(エコキュート)
  高効率エアコン
  LED照明器具
・節水タイプ機器採用
  便器
  水栓(キッチン・洗面化粧台・浴槽)
  食器洗浄乾燥機

さらにZEHにするには